03-3630-3930
 

ソリューション

イーストーリーでは、人と人との絆を深める、有用な情報を伝達し人を育てるソリューションに注力して事業を展開しています。


OSSへの取り組み

イーストーリーでは、OSS(Open Source Software) を活用し、お手頃価格で、早期に、高品質のサイトをご提供しています。

CMS

多言語対応

プログ

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザイン

PCとフィーチャーフォンは、画面表示サイズや表示量の違いにより、単一のファイルで両端末に通用する画面デザインを表現することは困難でした。しかし、解像度の高いスマートフォン、タブレットであれば、画面に表示する領域が拡張されます。そこで、端末の横幅の変化に合わせて、画面レイアウトを自動的に変化させるデザイン手法が出現しました。レスポンシブです。画面の横幅が狭い端末においては、画面の横幅にあわせて、縦にコンテンツが並ぶようにする。メニューとコンテンツを同時に表示させるのではなく、メニューを選択するとメニューが隠れてコンテンツを画面領域いっぱいにみることができるようにする。それらのレスポンシブの対応によって、端末が違っても同じURLで同じコンテンツをみることができるようになります。レスポンシブを行うにあたっては、コンテンツとデザインが分離していることが必要です。コンテンツ管理システムを使用して、コンテンツは一元管理する、その上で、端末のサイズに応じて変化する万能デザインテンプレートをつくることが、レスポンシブ化のための仕事になります。

 レスポンシブの長所と短所

レスポンシブルの利点は、2つあります。ひとつは、画面改修の効率化です。端末共通で使用するレスポンシブデザインの採用により、端末ごとに別々にページをつくる必要がなくなりますので、画面の改修の手間が削減されます。もうひとつは、端末が違っても、同じURLで同じ内容のページを表示できるようになるため、検索エンジンは、端末の違いに左右されず、同じコンテンツのページビューを適切にカウントでき、SEO対策になります。

一方、レスポンシブには欠点もあります。端末共通のページレイアウトをつくるのには、緻密な設計および実装のスキルが必要です。1端末を対象としたページを作成するより、表示命令は複雑化するため、初期の構築工数が、これまでよりもかさんでしまう傾向にあります。

 レスポンシブにすべきか否か

 このように一長一短あるレスポンシブですが、スマートフォンやタブレットの機能が高度化し、使用機会が増え続けている以上、スマートフォンやタブレットで見やすいサイトを作るのは、商機を獲得する上での重要施策です。どんな端末からみても同じ情報が提供できるレスポンシブは、対応しておいた方が得策のように思います。

タグ: レスポンシブ

印刷