お知らせ・読み物

SNSでウクライナ兵士に降伏促すロシア、降伏の見返りは命の存続。
SNSで敵国兵士と直談判 Direct talk to enemy soldiers on SNS
チャッピィ
世界のニュース評(World news review)
4月13日、本「ニュース評」で、ウクライナ政府が、情報インフラとしてメッセージアプリ「テレグラム」を多用していることをお伝えしたが、4月17日には、その「テレグラム」を使って、ロシアの国防省が、マリウポリで守備中のウクライナ部隊の兵士に向けて、「武器を置いた者は、全員、命を保証するから、武装を解除し降伏するよう」促した。SNSを使えば、戦争相手国の司令部を介さずに、戦争相手国の個々の兵士に直接呼びかけることができる。 ロシアでは、海外からの情報を遮断し、偽情報(プロパガンダ)を発信しつづけている。ロシアで通信規制を行うのは、ロシア連邦通信・情報技術・マスコミ監督庁(ロスコムナゾル)である。
続きを読む
【食育支援】今日の動画は「椎茸鶏つくね」
マリリン
cookfor(Marilyn's Japanese Healthy Food)
チャンネル名:マリリンのにっぽん健康食  https://www.youtube.com/marilyncooking最新動画:椎茸鶏つくね https://youtu.be/X-UHpFy1HKI動画タイトル:甘辛甘辛味がおいしい!椎茸の帽子をちょこんと被せた鶏団子「椎茸鶏つくね」【マリリンのダイエットおかず 36/100】2019/04/12から始めたYoutube。3年を経て、動画撮影数100本目(99本目は編集中)になります。 本動画の中では、28本の東京の桜を表示しています。今日は満月(ピンクムーン)。お酒のあてにもおすすめです。
続きを読む
戦争、紛争は、映画の中だけにしてほしいと思うこの頃
【movie62】アルゴ  Argo
マリリン
本・映画・エッセイ(Books, movies and essay)
★速報「アルゴ」の監督、主演のベン・アフレックが、ジェニファー・ロペスと2度目の婚約を発表!プロポーズは、泡風呂で。ベンはジェニファーに、8.5カラットの天然グリーンダイヤモンドの指輪を贈った。価格は1000万ドル(約12億5600万円)以上と推定される。2人は再婚約となる。2002年の1回目のプロポーズで贈った250万ドル、6.1カラットのピンクダイヤより大きくて高額だ。そこまで貢ぎたいと思わせるジェニファーの女っぷりには脱帽である。52歳でも色あせなず艶っぽい美魔女である。愛情はものには代えがたいが、多くの人は、ものの価値によって、愛情の強さを推し量る傾向にあるのも事実である。
続きを読む
戦争被害による義肢のニーズ拡大
奪われた手脚をもう一度 The robbed limbs again
チャッピィ
世界のニュース評(World news review)
病気や事故だけではなく、戦争や自然災害の被害者は増える一方である。それに伴い、義肢装具のニーズが増えている。爆撃や地雷で吹き飛ばされてしまった体の一部を再生することはできないが、義肢があれば、義肢が自分の目となり手となり足となってくれる。義足や義手などの義肢は、従来は、金型を用いて製造する方法が主流であったが、2010年代後半から、3ⅮプリンタやAIを使って作るようになってきた。3Ⅾプリンタを活用すると、義肢を早く安く製造することが可能となる。 3Ⅾプリンタ活用のメリットをまとめてみた。 
続きを読む
未経験者でも、これを学べば、簡単なアニメが必ず作れるようになる
【脳トレScratch(スクラッチ)1 】めちゃくちゃはまる!はじめてのアニメーションづくり
ソックス
Make-P便り(News from Make-P)
【めちゃくちゃはまる!はじめてのアニメーションづくり このコースは、ビジュアルプログラミング言語、S
続きを読む
ずっとみていたい愛らしさ。シャオシャオとレイレイ。※写真はイメージです。
上野動物園、双子パンダ公開。Ueno Zoo reveals twin pandas
チャッピィ
世界のニュース評(World news review)
2021年6月23日生まれのジャイアントパンダの一般公開が、2022年3月25日(金)から再開した。公開パンダは、お母さんパンダのシンシン(2005年7月3日  中国・臥龍保護センター生まれ)と、22021年6月23日に上野動物園で生まれた双子「シャオシャオ(暁暁)」と「レイレイ(蕾蕾)」だ。3月29日には、2頭とも、上と下の前歯2本ずつ、あわせて4本の永久歯が生えていること確認されたということで、すくすく育っている。
続きを読む
マカリウのハチ公「リニ」 (この写真はイメージ写真です。リニとは異なります)
テレグラムで伝えるウクライナのハチ公  Ukrainian loyal dog Hachiko "Lini"
チャッピィ
世界のニュース評(World news review)
Telegram Messenger LLPは、ロシア連邦最大のSNSである「フコンタクテ(VK)」の創始者であるニコライ・ドゥーロフとパーヴェル・ドゥーロフ兄弟が2013年に立ち上げた組織である。ドゥーロフ兄弟は、「フコンタクテ(VK)」のCEOから追放された2014年以来、ロシアを去り、ベルリン、ロンドン、シンガポールなど、拠点を点々としてきたが、現在は、ドバイに拠点を置いている。そんなTelegram Messenger LLPが運営しているインスタントメッセージアプリケーションが、Telegram Messenger(テレグラム)である。
続きを読む
優勝賞金3億3560万円は誰の手に!
賞金総額過去最高!マスターズ閉幕。The highest total prize pool ever! Masters closing
チャッピィ
世界のニュース評(World news review)
マスターズ・トーナメント(Masters Tournament)、PGA選手権(PGA Championship)、全米オープン選手権(U.S. Open Championship)、ジ・オープン選手権(The Open Championship)は、ゴルフにおける世界最高峰のトーナーメントで、メジャーと呼ばれる。その4大メジャーの中で、唯一、開催場所が毎年同じなのが、マスターズ・トーナメント(Masters Tournament)である。マスターズの開催場所は、アメリカジョージア州オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ(7435ヤード、18ホール、パー72)。
続きを読む
高校時代からメジャー入りを希望していた大谷翔平選手
人生を切り開く日本人 大谷翔平 Shohei Otani, a Japanese who opens up his life
チャッピィ
世界のニュース評(World news review)
4月7日、メジャーリーグ(MLB)が開幕した。昨季はア・リーグMVP(most valuable player)も獲得したロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手選手の二刀流ぶりが楽しみである。2022年の大谷選手は初球からいきなり100マイル(約161キロ)の記録を出している。大谷選手は、高校時代(花巻東)からメジャーリーグ入りを希望したが、2012年のドラフト会議で日本ハムファイターズに1位指名で入団。日本プロ野球(NPB)最速の球速165kmを記録。2016年にはNPB(日本野球機構)史上初の2ケタ勝利、100安打20本塁打を達成。2017年12月にポスティングシステムを利用してロサンゼルス・エンゼルスに移籍。ポスティングシステムは、球団に属する選手がメジャーリーグなどへの移籍を希望する場合に球団側が行使する制度。球団は、新たに契約するメジャー球団から譲渡金を受け取り移籍を容認する。
続きを読む
強く粘り強いロージー・ザ・リベッターから名づけられたロージーちゃん
コダカペンギンの女の子ロージーのトレーニング Kodaka Penguin Girl Rosie Training
チャッピィ
世界のニュース評(World news review)
 アメリカアアリゾナ州スコッツデールのオディシー水族館で生まれたコダカペンギン「ロージー」は、生まれつき足の骨格に異常があり、自分で座ることができなかった。飼育の担当チームは、ロージーのコアと脚の筋肉を強化し歩けるようにするために、ロージーのトレーニングを始めた。人間が使用する「ジョニージャンプアップ(Johnny Jump Up)」べビーバウンサーシートを模倣した「ペンギンジャンプアルー(penguin jump-a-ro)」を使って、ロージーのコアマッスル、体力を伸ばすトレーニングである。ロージーは、そのトレーニングを継続していくうちに、スリングのサポートなしで直立して座ることができるようになった。その後、短い「スリングフリー」ウォークを続けたロージー。防水性のある羽毛に生え変わった生後4か月目には、監視付き水泳トレーニングにより、少しずつ、泳げるようになってきた。そして、孵化してから8か月目、ロージーは、ゆっくりだが、歩いている。
続きを読む
かえがえのない動物達の命を救出できるか?
救えなかった命、救えた命。戦時下の動物達 Life that couldn't be saved, life that could be saved. Wartime animals
チャッピィ
世界のニュース評(World news review)
 日本では、太平洋戦争中、動物園など16施設から逃げ出すおそれがあるとして殺された動物は、クマやトラ、ワニなど少なくとも156頭に上った歴史がある。ウクライナの動物園や動物保護施設の動物達は、無事なのであろうか・・・。 ブチャより犠牲者が多く、被害規模が大きいといわれているボロジャンカにある動物保護施設では、ロシアによる軍事侵攻が始まった2月下旬からロシア兵がボロジャンカを去った4月上旬までの間、シェルターにいる485匹の犬はケージに閉じ込められたまま、食べ物も水もないまま放置され、4月1日にボランティアがようやく建物に入れた時には、485匹のうち150匹を除く犬がすべて命を落としていた。リビウの動物救護センターには、ハリコフ、キエフ、ミコライウから来て、リビウ経由で国外に避難する人々に置き去りにされるペットが増加し続けている。これから難民となるのに、ぺットを一緒に連れていけないと思う飼い主は後を絶たない。
続きを読む
理事国復帰の道を自ら断つロシア
ロシア、国連人権理事会の理事国離脱 Russia withdraws from the UN Human Rights Council
チャッピィ
世界のニュース評(World news review)
国連の人権理事会は、世界各国で深刻な人権侵害が起きた際に対応を協議する目的で2006年に設置された機関。協議は、スイスのジュネーブで開催され、理事国は47国であった。4月7日、ニューヨークの国連本部で、国連総会の緊急特別会合が開かれ、アメリカなどが、ロシアの国連人権理事会の理事国としての資格停止を求める決議案を国連総会に提出した。決議案に賛成する国は、欧米、日本など93か国。反対は、ロシア、中国、北朝鮮など24か国。そして、インドやブラジル、メキシコなど58か国は棄権した。結果、棄権と無投票を除いた国の3分の2以上の賛成で、決議が採択された。国連人権理事会の理事国の資格が停止されるのは、2011年に反政府勢力を武力で弾圧していたカダフィ政権下のリビアに続く2例目である。
続きを読む
戦争犯罪に関与した一兵卒の心の内は?
一兵卒の戦争犯罪責任 War crime responsibility of one soldier
チャッピィ
世界のニュース評(World news review)
4月4日、ウクライナ国防省の諜報機関は、ブチャで戦争犯罪に直接関与したロシア部隊(第64自動車化狙撃旅団)の所属1600人以上の兵士リストを公開した。兵士リストには、名前、生年月日、階級、パスポートナンバーなどが掲載されている。ウクライナ国防省は「すべての戦争犯罪者が、ウクライナ市民に対して犯した罪のために裁判にかけられる」と非難した。ウクライナによるロシア兵士リストの入手経路が気になるが、その点は明らかにされていない。軍隊においては、兵士は上官の命令に絶対服従。自分の良心に反することも「命令」とあれば実行しなければ、自分が罰せられてしまう。一兵卒の戦争犯罪責任は、どこまで、問われるのだろうか。戦時国際法では、軍隊に編入されていない人民への攻撃を禁止している。また、軍隊に編集された兵士であっても、降伏者、捕獲者に対しては、一定の権利が保障されていて、これを無視して危害を加えることも禁止している。
続きを読む
衛星は惨劇を見ていた。
衛星写真が語る真実 The truth that satellite imagery tells
チャッピィ
世界のニュース評(World news review)
4月5日、ゼレンスキー大統領が、国連安保理(国連安全保障理事会)で演説。ブチャで撮影された、焼かれた...
続きを読む
世界の戦争犯罪を裁く機関は???
世界はロシアの戦争犯罪を裁けないのか  Can the world judge Russian war crimes?
チャッピィ
世界のニュース評(World news review)
4月3日、ウクライナ検察庁は、ブチャなど首都キーウ近郊の町で、累計410人の遺体を発見したと発表した。 ウクライナのゼレンスキー大統領はロシア軍による大量虐殺(genosaid)を強調、その主張に対して、ロシアのラブロフ外相は、「フェイクニュース」と否定。ロシアのペスコフ大統領報道官も、「遺体の映像はねつ造された形跡があり信用できない」と主張、ロシア側は、「いかなる非難も拒否する」意向を貫いている。 世界はロシアの戦争犯罪を裁けないのか・・・。 国家間の紛争を取り扱うICJ(国際司法裁判所)は、ロシアに対して、3月16日、「侵攻を直ちに停止しなければならない」仮保全措置を命じているが、ロシアは裁判への出廷を拒否。ICJがロシアの法的責任を認めた場合、判決内容の執行は、国連安全保障理事会が担う。しかし、ロシアは安保理常任理事国に含まれるため、自国への制裁案に拒否権を発動できてしまう。 ICJが管轄する国家同士の紛争とは別に、戦争犯罪を行った個人を捜査・起訴する機関として、国際刑事裁判所(ICC)がある。しかし、ロシアはICCの加盟国ではないため、執行力が及ばず、短期的には実現困難な模様。
続きを読む