お知らせ・読み物

フォントサイズ: +

【movie52】子鹿物語 he Yearling

ピューリッツァ賞を受けたマージョリー・キーナン・ローリングスの原作を映画化。1946年のアメリカ映画。フロリダ北部の森林地帯で農業を営むバクスター家。家族は父のエズラ(グレゴリー・ペック)と母のオーリー(ジェーン・ワイマン)、一人息子のジョディ(クロード・ジャーマン・Jr.)だ。ジョディは、両親に許しを得て、母鹿を失った小鹿を育てることにした。小鹿の名前はフラッグ、ジョディの心の支えだった。しかし、フラッグは、大きくなるにつれ、農作物を食い荒らすようになり、家族の貧困生活を究極まで追い詰めていき、ついに、エズラは、ジョディにフラッグを殺すよう命令する。この映画は、動物好きの私にとっては、心に痛みが残る映画であった。今も、ストーリーを思い出すたびに、泣きそうになる。しかし、グレゴリー・ペック演じるお父さんの名言がストーリーのここかしこにちりばめられていて、生きていくうえでの教訓になる映画でもある。グレゴリー・ペックが役柄にあっていたかは疑問。グレゴリー・ペックは、顔立ちが整いすぎている上に、品がありすぎる。どうしても、ローマの休日のジョー・ブラッドレーのイメージに引っ張られてしまう。

he Yearling
A movie adaptation of the Pulitzer Prize-winning Marjorie Kinnan Rawlings original. 1946 American movie. The Baxter family farms in the woodlands of northern Florida. The family is his father Ezra (Gregory Peck), his mother Aliexpress (Jane Wyman), and his only son Jody (Claude Jarman Jr.). Jody, with the permission of his parents, decided to raise a fawn that had lost his mother deer. The fawn's name was Flag, Jody's heart support. However, as the flag grows larger, it devours crops and hunts down the poor life of the family to the ultimate, and finally Ezra orders Jody to kill the flag. This movie was a painful movie for me, who loves animals. Even now, every time I remember the story, I almost cry. However, Gregory Peck's dad's quote is studded here and there in the story, and it is also a movie that can be a lesson for living. I doubt if Gregory Peck was in the role. Gregory Peck has too many features and too many items. By all means, he is drawn to the image of Joe Bradley on the Roman Holiday.

#子鹿物語
#グレゴリー・ペック
#クロード・ジャーマン・Jr
#Fawn story
#Gregory Peck
#Claude German Jr.

【movie53】リトルダンサー Billy Elliot
ホームページをリニューアルしました!
 

コメント

コメントはまだありません。コメントを投稿する最初の1人になって下さい
登録済みですか? ここからログイン
2024/04/13(土)