お知らせ・読み物

奪われた手脚をもう一度 The robbed limbs again

戦争被害による義肢のニーズ拡大

病気や事故だけではなく、戦争や自然災害の被害者は増える一方である。それに伴い、義肢装具のニーズが増えている。爆撃や地雷で吹き飛ばされてしまった体の一部を再生することはできないが、義肢があれば、義肢が自分の目となり手となり足となってくれる。義足や義手などの義肢は、従来は、金型を用いて製造する方法が主流であったが、2010年代後半から、3ⅮプリンタやAIを使って作るようになってきた。3Ⅾプリンタを活用すると、義肢を早く安く製造することが可能となる。

3Ⅾプリンタ活用のメリットをまとめてみた。 

続きを読む
502 ヒット
0 件のコメント