お知らせ・読み物

フォントサイズ: +

【movie68】地球が静止する日

【movie68】地球が静止する日 映画は未来に向けての警告でもある。(写真は映画とは関係ありません)

(時代背景)
「地球が静止する日」が公開された1951年、原子力発電所の建設や研究開発は、まだ実用化に向けた試行錯誤の段階であったが、アメリカ合衆国では原子力研究が盛んに行われていた。ソビエト連邦でも1951年に、モスクワにある原子力研究所で、原子力発電に関する研究が進められており、その後、1954年にはソビエト連邦で世界初の商業用原子力発電所が建設され、運転が開始されていた。

また、日本では、1951年、原子力発電の研究開発が開始され、当時、日本原子力研究所(現在の日本原子力研究開発機構)が設立され、原子力の平和利用に関する基礎的な研究が進めらていた。「地球が静止する日」は、当時の社会情勢を反映しており、第二次世界大戦後の核戦争の脅威や、冷戦下における米ソの対立が続く中で、世界平和を訴える意図を込めた作品。人類が戦争や破壊行為によって自らを滅ぼしかねない現状を問題視し、平和的な共存の必要性を訴える作品であり、現代社会においても、平和的な共存と地球環境の保護の必要性を訴える作品として、評価されている。

(あらすじ)

映画「地球が静止する日」(原題: The Day the Earth Stood Still)は、1951年に公開されたSF映画。物語は、地球にやって来た異星人クラトゥが、人類に平和的なメッセージを伝えるためにやって来たところから始まる。クラトゥは、地球人類に対して平和的な意図を持っていたが、人類の戦争と暴力的な傾向に対して懸念を抱いており、彼らに平和と協力の大切さを説くために、世界中の指導者たちに会うことを望んでいた。しかし、彼が地球にやって来たことに対して、人々は恐怖心や疑念を持ち、彼を捕らえようとした。クラトゥは、人間に危害を加えずに平和的にコミュニケーションを試みたが、結局は彼を攻撃する人々によって射殺されてしまう。クラトゥは、死の直前に人類に警告を発し、彼の同胞たちが地球に報復を行わないように彼らを説得するために、人間の科学者であるヘレン・ベンソンにメッセージを託す。物語のラストシーンでは、ヘレンはクラトゥのメッセージを理解し、人類が平和と協力のために一緒に努力することを誓う。(GPT-4引用)

#核戦争 #原発 #宇宙人 #SF #地球が静止する日

【movie69】シンドラーのリスト
【movie67】心の旅
 

コメント

コメントはまだありません。コメントを投稿する最初の1人になって下さい
登録済みですか? ここからログイン
2024/07/16(火)