お知らせ・読み物

フォントサイズ: +

【movie39】 ある天文学者の恋文 The Correspondence

エミリー(オルガ・キュリレンコ)が、親子ほどに年が離れている妻子持ちの天文学者エドワード(ジェレミー・アイアンズ)に惹かれる理由は何なのか。最初は、尊敬、憧れ。それが発展して恋慕。でも、それだけではない。引き金は彼女の心の闇。彼女は、孤高で、過去の出来事への罪悪感を手放せずにいた。亡くなったはずのエドから、絶妙のタイミングで、メール、手紙、プレゼントが届く。エドの言葉は抒情的。知性と浪漫、エミリーをいとおしむ言葉であふれている。心のこもった、I love you 。その上、神秘的な天文学が会話に絡んでくるものだから、言葉のロマンチック度は急上昇。この映画のテーマを「究極の純愛」ととらえるか、亡くなってまでも「相手を束縛する男のエゴ」ととらえるか、評価は二分するであろう。でも、私は、「究極の純愛」とみてとりたい。映画の冒頭、私は、エドワードをいい年してエロ爺だと思った。しかし、端正な顔立ちと美しい言葉に弱い私は、次第に、彼の言葉に胸を熱くし、その瞳に魅了され、しまいには、エミリーに羨望心を抱いていた。(危ない、危ない。)監督は、イタリアシチリア島出身の、ジュゼッペ・トルナトーレ。名作「ニュー・シネマ・パラダイス」の監督である。ロケ地も素晴らしい。

The Correspondence
Why is Emily (Olga Kurylenko) attracted to her wife-child astronomer Edward (Jeremy Irons), who is as old as her parents and children? At first, respect and admiration. It develops and is in love. But that's not all. Her trigger is the darkness of her heart. She was lonely and kept feeling guilty about her past events. E-mails, letters and gifts arrive at the right time from Ed, who should have died. Ed's words are lyrical. It is full of intellect, romance, and words that love Emily. Heartfelt, I love you. Moreover, since mysterious astronomy is involved in conversation, the romantic degree of words soars. Whether the theme of this movie is "ultimate pure love" or "the ego of a man who binds the other person" even after his death will be divided into two. But I want to see it as "ultimate pure love". At the beginning of the movie, I thought Edward was a good year and an erotic grandfather. However, I was vulnerable to his neat facial features and beautiful words, and gradually became excited by his words, fascinated by his eyes, and eventually envy Emily. (Dangerous, dangerous.) The director is Giuseppe Tornatore from Sicily, Italy. He is the director of the masterpiece "New Cinema Paradise". The location is also wonderful.

#オルガ・キュリレンコ
#ジェレミー・アイアンズ
#ある天文学者の恋文
#Olga Kurylenko
#Jeremy Irons
#The Correspondence of an Astronomer

エリザベス女王死去。歴代最長の70年を超える在位で、ファッションアイコンとしても人気。Queen E...
【movie60】リアル・スティール RealSteel