お知らせ・読み物

3月3日ひな祭りのトレビア

ひな祭りは、脳トレゲームで遊ぼう!!

3月3日の「桃の節句」は、古代中国の邪気払いの行事「上巳(じょうし)節」がルーツ。
上巳節は、遣唐使が日本に伝えたと言われている。その後、日本では、上巳節に、自分の体を藁(草木)人形で撫でて汚れを人形にうつした上で、人形を川に流す行事を始めた。「流し雛(ながしびな)」である。そして、平安時代頃からは、宮中や貴族の子女が、紙の人形を使ったままごと遊びを始めた。「雛遊び(ひなあそび)」だ。その遊びが、上巳の節句と結びつき、人の厄を受ける男女一対の紙製の立雛が誕生し、雛人形は、流し雛から飾り雛へと、使途を変えた。江戸時代には、幕府が五節句を制定し、3月3日は、女の子の節句「桃の節句」となった。その頃には、雛人形は、家の財力の象徴となり、豪華さも追求するようになった。自慢の雛人形を見せ合う雛合わせや、ご馳走を持って知人を訪ねる雛の使いが流行し、町民が豊かになってきた頃には、雛人形を飾り、飲食を楽しむ「雛祭り」が行事として定着した。


(内裏雛)

  


天皇・皇后の姿に似せた男女一対の雛人形。関東では、向かって左側が男雛で右側が女雛、京都や関西の一部では、向かって右側が男雛で左側が女雛である。日本では、古くから、向かって右側の方が位が高いという考え方があり、向かって右側に帝、左側に妃を並べており、関西の一部には、そのしきたりがある。一方、関東は、明治時代の終わり頃から採用された、向かって左側が天皇、右側が皇后という、西洋式のルールにのっとっている。

(三人官女)


天皇皇后のお住まいである内裏に仕える女性。
・向かって左端の官女:「提子(ひさげ)」を持つ。
提子は、お酒を入れ、向かって右端の官女が持つ長柄銚子(ながえちょうし)に移すための道具。
・中央の官女:「三方(さんぽう)」を持つ
三方とは盃を乗せる台。提子、長柄銚子より、格が高い。そのため、最も年上のリーダー格の官女が持つ。そして、この官女だけが座っている。
・向かって右端の官女:「長柄銚子」を持つ
長柄銚子は、提子によって移されたお酒を盃に注ぐための道具。官女に持たせる際には、注ぎ口が付いているほうを内側にして両手に持たせる。

(五人囃子)


五人囃子は、能楽を演じる囃子方と、地謡(じうたい)の少年で編成。全員、おかっぱ頭に、侍烏帽子(さむらいえぼし)と呼ばれるかぶり物を付けており、5人それぞれが異なる楽器を持っている。配置は、向かって左端から、囃子方である、太鼓(たいこ)、大鼓(おおつづみ)、小鼓(こつづみ)、笛、向かって右端が、地謡と呼ばれる唄い担当。

(右大臣・左大臣)


右大臣・左大臣は、随身(ずいしん)とも呼ばれており、天皇と皇后のボディーガード。
右大臣は力を司る随身で若く、左大臣は、知恵を司る随身(今でいう内閣総理大臣)で、左大臣は右大臣よりも地位が上で年も上。
配置は、男雛から見て右に右大臣、左に左大臣、左大臣は、女雛寄りに配置するのが正解だ。
女雛から、若くて魅力的な右大臣を遠ざけるようにするといった一説もある。山野さと子作曲、お馴染みの「うれしいひな祭り」の3番歌詞には、「すこし白酒めされたか。赤いお顔の右大臣」という一説があるが、お酒をめされたのは、関東式では向かって右端に置く白鬚の左大臣である。

(仕丁)

続きを読む
171 ヒット
0 件のコメント