お知らせ・読み物

フォントサイズ: +

一兵卒の戦争犯罪責任 War crime responsibility of one soldier

一兵卒の戦争犯罪責任 War crime responsibility of one soldier 戦争犯罪に関与した一兵卒の心の内は?

4月4日、ウクライナ国防省の諜報機関は、ブチャで戦争犯罪に直接関与したロシア部隊(第64自動車化狙撃旅団)の所属1600人以上の兵士リストを公開した。兵士リストには、名前、生年月日、階級、パスポートナンバーなどが掲載されている。ウクライナ国防省は「すべての戦争犯罪者が、ウクライナ市民に対して犯した罪のために裁判にかけられる」と非難した。ウクライナによるロシア兵士リストの入手経路が気になるが、その点は明らかにされていない。
軍隊においては、兵士は上官の命令に絶対服従。自分の良心に反することも「命令」とあれば実行しなければ、自分が罰せられてしまう。一兵卒の戦争犯罪責任は、どこまで、問われるのだろうか。
戦時国際法では、軍隊に編入されていない人民への攻撃を禁止している。また、軍隊に編集された兵士であっても、降伏者、捕獲者に対しては、一定の権利が保障されていて、これを無視して危害を加えることも禁止している。

On April 4, the Ukrainian Ministry of Defense intelligence released a list of more than 1,600 soldiers belonging to Russian troops (64th Motorized Sniper Brigade) who were directly involved in war crimes in Bucha. The soldier list includes name, date of birth, class, passport number, and more. The Ukrainian Ministry of Defense has accused "all war criminals are brought to justice for their crimes against Ukrainian citizens." I'm curious about how Ukraine can get the list of Russian soldiers, but that point has not been clarified.
In the army, soldiers are absolutely obedient to the orders of their superiors. If you do not execute an "command" that goes against your conscience, you will be punished. To what extent will the responsibility for war crimes of a single soldier be questioned?
International law of war prohibits attacks on people who are not part of the army. In addition, even soldiers edited by the army are guaranteed certain rights to surrenders and captives, and it is prohibited to ignore them and cause harm.

#戦時国際法
#ウクライナ国防省
#戦争犯罪者
#ロシア兵士リスト
#Law of War
#Ukrainian Ministry of Defense
#War criminals
#Russian soldier list

【movie37】アイ・アム・サム am Sam
衛星写真が語る真実 The truth that satellite imagery tells
 

コメント

コメントはまだありません。コメントを投稿する最初の1人になって下さい
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2023/03/30(木)