お知らせ・読み物

「オルツカンファレンス2023」を視聴、AIと人間の情報連鎖について考えました。

今日は、六本木で、AI関連のカンファレンス「オルツカンファレンス2023」を視聴してきた。成田悠輔さんと落合陽一さんが登壇、二人ともテレビで見るより小柄に見えた。しかし、二人の饒舌ぶりは、テレビと同じ。落合さんの早口には驚いた。彼は頭の回転が早いのだろう。小休止することなく澱みなく次々と言葉がでてくる。成田さんは、一般的な人間の人生、人間の能力は、たいしたものではないという発想から、いつもひとひねりした意見を発言する。それが結構当たっているので面白い。

続きを読む
331 ヒット
0 件のコメント

OpenAI chat API を使用してできること

OpenAI チャット API を使用すると、次のような操作を行う独自のアプリケーションを構築できます。
gpt-3.5-turbogpt-4

  • メールやその他の文章の下書き
  • Python コードを記述する
  • 一連のドキュメントに関する質問に答える
  • 会話エージェントの作成
  • ソフトウェアに自然言語インターフェイスを提供する
  • さまざまな科目の家庭教師
  • 言語を翻訳する
  • ビデオゲームのキャラクターをシミュレートする その他

220 ヒット
0 件のコメント

【movie71】湯を沸かすほどの熱い愛

あなたは死を目前にした時、何をなしとげますか?

「湯を沸かすほどの熱い愛」は、2016年10月29日に公開された邦画で、主演は宮沢りえ。脚本・監督は本作が商業用長編デビュー作となる中野量太。銭湯を営む双葉(宮沢りえ)は、夫の失踪により、銭湯を休み、パン屋店員のバイトをしていたが、接客中に、職場で倒れてしまい、病院で、ステージ4の末期がん、余命2ヶ月という宣告を受ける。宣告に、ショックを受けた双葉であったが、気丈にふるまい、残された時間でやること決め、次々、実行していく。

続きを読む
194 ヒット
0 件のコメント

【movie70】いまを生きる( Dead Poets Society)

デッド・ポエッツ・ソサエティ(死せる詩人の会)の活動は、洞窟で行われた。

「Dead Poets Society(デッド・ポエッツ・ソサエティ)」は、1989年に公開されたアメリカ映画で、監督はピーター・ウィアーが務めた。物語は1959年、名門寄宿学校に通う生徒たちが、新任の英語教師ジョン・キーティング(ロビン・ウィリアムズ)と出会い、自由な思考や表現、そして自分自身の人生を見つけるための冒険を始める姿を描いている。

続きを読む
251 ヒット
0 件のコメント

【movie69】シンドラーのリスト

人種的偏見を持つ人間、人間を差別する人間はいまだに後をたちません。

スティーブンスピルバーグ監督「シンドラーのリスト」は、ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の中で、ポーランドのクラクフにあったナチスの工場を経営していたオスカー・シンドラーの実話を基にした映画。3時間超えの大作だ。物語は、オスカー・シンドラーがポーランドで工場を経営することを決め、ユダヤ人労働者を雇うことから始まる。

続きを読む
388 ヒット
0 件のコメント