お知らせ・読み物

フォントサイズ: +

【速報】ライオンのお引越し。旭山のイトに続きとべのクレイも円山動物園に!!

ライオンのお引越し。旭山のイトに続きとべのクレイも円山動物園に!! イトちゃんとクレイ君、円山動物園に移動が決まる。親戚関係にあるってわかるかな?

今年の11月、旭山動物園の3つ子メスライオンの中の1頭「イト」が、札幌市円山動物園に来園することは決定していたが、続けて、愛媛県立とべ動物園で人工飼育で育ったオスライオン「クレイ」(オス、1歳)も、円山動物園に来園することが決定した。

ライオン「クレイ」の来園について/札幌市円山動物園 (city.sapporo.jp)

クレイは、イトの母親イオと父親が同じ(「ネオ」)、また、クレイの母「さくら 」は、イオの母「りり花」と姉妹である。ということは、クレイは、イトのおじさんにあたることになる。イトとクレイの血縁が近いのが気になるが、今後、パートナーになるということもあるのであろうか。人間が管理しているからそんなことはないかな?動物は、種の保存のためであれば、リスクがあっても、近親関係でカップルになることがあるらしいので、その点、ちょっと気になります。クレイは人工飼育で半年育てられた後、母親と再同居したものの、母親に噛まれて右前肢がまひしてしまった。その後、歩行は回復したが、単独ぼっちで生活、母親の愛も群れでの生活も知らないライオンなのだ。一方、イトは、両親や姉妹との共生の中で成長し、家族愛の中で育まれたライオンだ。もし、円山動物園でクレイとイトの部屋が近いのであれば、心が通じ合える仲になるといいな。
さて、日本の動物園にいるライオンは、2020年度には約200頭であったが、その後、減少傾向にあるとのことである。動物園のライオンの多くは、アフリカ北西部に生息しているバーバリーライオンと呼ばれる種類である。日本における生育数が少ないインドライオンに会いたければ、野毛山動物園、もしくは、よこはま動物園ズーラシアにGO!!だ。

ライオンは、ネコ科の中で、トラに次いで2番目に大きな種。野生だと、オス1~2頭、メス3~6頭のプライドと呼ばれる群れを作り生活する。オスは2歳前後でたてがみが発達し、大きくなると体重は250kgを超えることもある。野生において、狩りは主にメスの集団が行い、オスは、放浪ライオンからプライドを守るボスとなる。

関連記事

旭山動物園の子ライオンの「イト」ちゃん、円山動物園に移籍

子ライオン「クレイ」には特にがんばれと言いたい。旭山動物園の「フウ」「レイ」「イト」と、とべ動物園の「クレイ」

#ライオン #円山動物園 #クレイ #イオ #旭山動物園 #とべ動物園

【movie78】ハートウォーミングSFコメディ「ミラクル・ニール!」愛犬デニスが教えてくれる大切な...
大食いタレント「高橋ちなり」さん死去報道をきっかけに、大量飲酒、食事の過剰摂取が体に及ぼす影響につい...

関連する投稿

 

コメント

コメントはまだありません。コメントを投稿する最初の1人になって下さい
登録済みですか? ここからログイン
2024/05/19(日)